電話消毒薬

「コロナウイルス」

 

コロナウイルス: coronavirus)は、一本鎖(+)RNAウイルスニドウイルス目のコロナウイルス科のウイルスをさし、コロナウイルス亜科、トロウイルス亜科を含む。

エンベロープ表面に存在する突起によって太陽のコロナのような外観を持つことからこの名が付いた。

ウイルスの増殖は細胞質内で行われ、小胞体ゴルジ装置から出芽する。

ヒトに感染するコロナウイルスの感染経路

コロナウイルスの感染経路には、「飛沫感染」と「接触感染」がある、と考えられている。 「飛沫感染」とは、感染者がくしゃみなどをする時に、ツバなどの飛沫(=しぶき)とともにウイルスが飛び散り、別の人がそのウイルスを口や鼻から吸い込み感染してしまうことである。

接触感染とは、感染者がくしゃみや咳をする時に口を手で覆うなどして手がウイルスを含んだ唾液で汚染され、手で触れてモノの表面にウイルスが付き、別の人がそのモノに触ってウイルスが手に付着し、その手で顔(口や鼻(や眼)の周囲などの粘膜)に触ることで体内にウイルスが入り込むことである。特に多い接触感染の経路は例えば電車のつり革、バスのつり革、ドアノブ、各種スイッチ照明のスイッチ、エレベーターのスイッチ、エアコンのスイッチ、コピー機のボタン、PCの電源スイッチやキーボードATMタッチパネル式スイッチ 等々)などである(また、スーパーショッピングセンターの買い物かご取っ手ショッピングカートの取っ手 等々 も経由して感染する可能性がある)。

感染予防法

コロナウイルスに対しては、通常のインフルエンザウイルスと同様の感染予防法が有効だと考えられている。つまり、手洗い粘膜を護るために湿度を50~60%に保つこと、などである。咳や発熱などの症状のある人に近づかない人混みの多い場所に行かない、ということも重要である。マスクの着用も日本政府のサイトで薦められている(マスクについては多少但し書きはある)。

手洗い

つり革、ドアノブ、スイッチなど様々なものに触れることにより、誰の手にも(コロナ)ウイルスが付着している可能性があるので、以下のような時にこまめに手洗いを行う[2]

  • 外出後の帰宅時
  • 調理を行う前、および後
  • 食事
  • (自分の顔に触れる前は毎回)

「感染予防のための正しい手の洗い方」というものがあり(医療関係者が医療機関で行っている手の洗い方をほぼ踏襲している洗い方であり)、まず手を濡らし、石鹸をつけ、手のひら側をこする→手の甲の側を洗い→指先、爪の間を念入りにこすり→(指と指をからませるようにして)指の間をよく洗い→(親指を手で包むようにして)「親指のねじり洗い」をし→手首までしっかりと洗う。(なお、最後に関して、医療関係者や調理者などの規則やマニュアルでは、手首だけでなく、手首から「ひじ」にかけてまでしっかり洗う、とされており、そのほうがより一層安全である。)

マスクの着用

感染者がマスクをすると咳やくしゃみによる飛沫及びそれらに含まれるウイルス等病原体の飛散を防ぐ効果が高いとされている。 一方、未感染者にとっては、相当混み合っている場所、また屋内・乗り物など換気が不十分な場所では、やはりマスクをすることは有効な方法のひとつだと考えられているただし、屋外や人の少ない場所では、マスクをつけていてもつけていなくても さほど変わりは無い。) マスクの着用の効果は、マスクの種類により異なり、感染者がありきたりのマスクをするだけでも(しないよりは、したほうが良いのであり)感染予防に一定の効果があり、未感染者が人ごみや密閉した室内で着用するのにも一定の効果がある(一定の効果では認めず、完全でなければならない、と考え(完璧主義)『予防を完全とするためにはN95マスクが必要である』と主張する者がいる)。

(部屋の)湿度を50~60%に保つ

空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下してしまうので、乾燥しやすい室内では加湿器などを使って、適切な湿度(50~60%)を保つ。

普段からの健康管理

普段から、十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、免疫力自己治癒力)を高めておく。

モノの表面の殺菌・消毒

コロナウイルスの表面はエンベロープと呼ばれる脂質で覆われており、アルコールによる消毒が可能で、石鹸などの界面活性剤にも弱いといえる。

感染後の症状と治療法

風邪、その他重篤な呼吸器症候群肺炎において、いずれもウイルス性疾患であるため、抗生物質は無効である。

ヒトに対し安全性・有効性の両方が確認されているワクチンは、治療用・予防用どちらも存在しない。

風邪と同様、解熱薬やその他の対症療法によって治療する。

風邪症候群

風邪を引き起こすものが4種類あり、風邪の10〜15%(流行期35%)の原因を占める。HCoV-229E、HCoV-OC43は1960年代に発見され、HCoV-NL63、HCoV-HKU1は2000年代に入って発見された。

重症急性呼吸器症候群

詳細は「重症急性呼吸器症候群」および「SARSコロナウイルス」を参照

2002年に発見されたSARS-CoVによる。キクガシラコウモリが自然宿主であると考えられている。

中国広東省を起源とした2002年11月から 2003年7月における流行では、中国を中心として全世界で約8,000人が感染し、774人が死亡した(致命率約10%)。広東省(珠江デルタ地帯付近)が発生地とされる。

中東呼吸器症候群

詳細は「中東呼吸器症候群」および「MERSコロナウイルス」を参照

2012年に発見されたMERS-CoVによる。ヒトコブラクダに風邪症状を引き起こすウイルスで、ヒトに感染すると重症肺炎を引き起こすと考えられている。2012年9月- 2020年1月現在流行中。2020年1月27時点で約2,490人が感染し約850人が死亡。約27ヶ国に感染例が波及している。

2013年5月15日世界保健機関(WHO)は患者が入院したサウジアラビアの病院の2人(看護婦と医療関係者)への「ヒトヒト感染」が初めて確認されたと発表した。この疾病はその後、2015年5月から7月にかけて韓国アウトブレイクを引き起こし、186人が感染し、そのうち36人が死亡した(2015年韓国におけるMERSの流行)。2019年においてもサウジアラビアにおいて14人が感染し、そのうち5人が死亡した。

2019年の新型コロナウイルスによる呼吸器症候

詳細は「2019年-2020年中国武漢における肺炎の流行」および「2019新型コロナウイルス」を参照

2019年12月31日に最初にWHOに報告された2019-nCoV(2019新型コロナウイルス、仮称)による疾患およびその流行である。初発流行地は中国湖北省武漢市とされている。

このウイルスについて、日本の厚生労働省は単に「新型コロナウイルス」と2020年1月時点で呼称している。

※ウィキペディア(Wikipedia)一部引用

 

電話消毒薬(医薬品)は含有される硫酸オキシキノリンの殺菌作用でウイルス感染を防ぎます。

「皆さまのご健康を祈っております」


有限会社 保健衛生商会

 

≫ 続きを読む

ブログ   2020/02/20   保健衛生商会 PC

選ばれ続けるには理由がある!

電話消毒薬(医薬品)が選ばれ続ける理由とは?

電話機送話口は、唾液によって常に湿り気があり、プラスティック製品である電話機は静電気を帯びやすいため、

「必然的」にウイルスや細菌の常在菌が付着しています

また、ウイルスや細菌は一時的には拭えても通話することにより、すぐに前の状態に戻る「必然性」を持っています。

これゆえに、長年にわたり電話消毒薬(医薬品)が選ばれ続けられています。

何故なら『医薬品』であるということが決め手になります。

 

従業員の「健康予防」向上

     

従業員の「病欠による欠勤率の減少」(生産性の向上)

※ たくさんのお客様より「病欠による欠勤率が減少した」と長年にわたり高い評価をいただいています。

『皆さまのご健康を祈っております』

 

電話消毒薬(医薬品)は含有される硫酸オキシキノリンの殺菌作用でウイルス感染を防ぎます。


有限会社 保健衛生商会

                   

≫ 続きを読む

ブログ   2020/02/15   保健衛生商会 PC

会社のデスクは「トイレの便座の400倍以上汚れている」ことが明らかに

会社のデスクは「トイレの便座の400倍以上汚れている」ことが明らかに

会社のデスクにはトイレの便座の400倍以上に相当する細菌がいて、病気の温床になりやすいことが、イギリスの事務用品店「Printerland」の調査で明らかになりました。

Printerlandの調査によると、オフィスワーカーの3分の2以上が汚れたデスクの影響で病気になりやすいとのこと。同社は「抗菌ワイプを使って定期的に清掃しないと、ヘリコバクター・ピロリや黄色ブドウ球菌、大腸菌、緑膿菌などの危険な細菌が繁殖してしまう可能性がある」と指摘しています。

Printerlandは「電話機」「マウス」「キーボード」「マグカップ」があるデスクを「一般的なデスク」として定義。同社は、この「一般的なデスク」に該当する1000人の従業員のデスクを対象に、1平方インチ(約6.5平方センチメートル)あたりに存在した細菌の数の平均を調査しました。調査によると、電話機には2万5127個、マウスには1676個、キーボードには3295個、マグカップには1746個、デスクの表面には2万961個の細菌がいたとのことです。

Printerland社内のトイレの便座に存在した細菌の数は、1平方インチあたり49個であったことから、机の表面には400倍以上、電話機に至っては500倍以上の細菌がいたことが明らかになっています。また、会社の共有キッチンにあるケトルは2483個、蛇口は1331個となっていたことから、会社のデスクは多くの社員が使用する水回り部分よりも、はるかに汚いことも示されました。

PrinterlandでHR(ヒューマン・リソース部門)のマネージャーを務めるキャサリン・バナン氏は「トイレの便座よりもデスクが汚いという事実は衝撃的です。しかし、この細菌の数を開示したことで、従業員が自発的に清掃に取り組んでくれることを期待しています」と語っています。

※livedoor NEWS 引用

 

電話消毒薬(医薬品)は含有される硫酸オキシキノリンの殺菌作用でウイルス感染を防ぎます。


有限会社 保健衛生商会

 

≫ 続きを読む

ブログ   2019/02/05   保健衛生商会 PC

知ってますか?「インフルエンザ」の予防薬が電話消毒薬(医薬品)だってコト。

「インフルエンザ」とは…

インフルエンザウイルスによって引き起こされる急性感染症です。

・厚生労働省の統計では、毎年推定受診患者数は 1,000万人以上

・流行の原因は、咳やくしゃみなどによる「飛沫感染」またはウイルス感染者からの「接触感染」

 

電話消毒薬(医薬品)は含有される硫酸オキシキノリンの殺菌作用でウイルス感染を防ぎます。


有限会社 保健衛生商会

≫ 続きを読む

ブログ   2018/03/10   保健衛生商会 PC

知ってますか?「感染症胃腸炎」の予防薬が電話消毒薬(医薬品)だってコト。

「感染症胃腸炎」とは…

嘔吐・吐き気・下痢などの症状を主とする感染症です。

・厚生労働省の統計では、全食中毒患者数の58%がノロウイルスで最大

・低温と乾燥に強いウイルス性の食中毒は、秋から冬に多発しています

・ノロウイルスには、有効な坑ウイルス薬は存在しない

 

電話消毒薬(医薬品)は含有される硫酸オキシキノリンの殺菌作用でウイルス感染を防ぎます。


有限会社 保健衛生商会

 

≫ 続きを読む

ブログ   2018/03/09   保健衛生商会 PC

知ってますか?「花粉症」の予防薬が電話消毒薬(医薬品)だってコト。

「花粉症」とは…

植物花粉が、などの粘膜に接触することによって引き起こされ、発作性反復性のくしゃみ鼻水、鼻詰まり、目のかゆみなどの一連の症状が特徴的な症候群のことです。

・厚生労働省の統計では、毎年推定受診患者数は 4,000万人以上

・国民の30%が花粉症であり「国民病」となっている

・2人に1人がアレルギー疾患である

 

電話消毒薬(医薬品)は含有される硫酸オキシキノリンの殺菌作用に加え、1.8シネオール・ユーカリオイル(抗ヒスタミン作用)の

働きによりアレルギー症状を緩和させます。


有限会社 保健衛生商会

≫ 続きを読む

ブログ   2018/03/08   保健衛生 商会

知ってますか?「ヘルペスウイルス」の予防薬が電話消毒薬(医薬品)だってコト。

厚生労働省の統計では、国民の80%がヘルペスウイルスに感染

・主なヘルペスウイルスとは、「口唇ヘルペス」「ヘルペス口内炎」「ヘルペス角膜炎」「帯状疱疹」「生殖器ヘルペス」

・感染の原因はウイルス感染者からの「接触感染」や免疫低下によるもの

 

電話消毒薬(医薬品)は含有される硫酸オキシキノリンの殺菌作用でウイルス感染を防ぎます。


有限会社 保健衛生商会

≫ 続きを読む

ブログ   2017/09/20   保健衛生 商会

知ってますか?「結核」の予防薬が電話消毒薬(医薬品)だってコト。

日本では毎年約2万人の患者が発症し、約2,000人が死亡
(先進国の中では最も感染患者が多く日本は中蔓延国)

・WHO(世界保健機関)の定める低蔓延国条件は、人口10万人当たり10人以下

・厚生労働省の統計によると結核罹患率は、大都市で高い傾向にあり、福岡市で10万人当たり14.4人となっている

・感染の原因は、結核患者からの咳やくしゃみ、唾などによる「飛沫感染」や「接触感染」

・結核はエイズ、マラリアと並ぶ『世界3大感染症』

「ストップ結核 ジャパン・アクションプラン」とは、厚生労働省、外務省、公益財団法人結核予防会などが協力して策定したもの

 

電話消毒薬(医薬品)は含有される硫酸オキシキノリンの殺菌作用でウイルス感染を防ぎます。


有限会社 保健衛生商会

 

≫ 続きを読む

ブログ   2017/09/20   保健衛生 商会

知ってますか?「夏カゼ」の予防薬が電話消毒薬(医薬品)だってコト。

「夏カゼ」とは…

夏に活発に活動するウイルス感染症です。

・毎年梅雨時から夏にかけてジメジメした高温多湿の環境を好むウイルスが原因菌

・流行の原因は、免疫低下による「経口感染」やウイルス感染者からの「接触感染」

夏カゼの主な原因ウイルスは、エンテロウイルス属の「エコーウイルス」、「コクサッキーウイルス」や「アデノウイルス」で、これらのウイルスが夏カゼの

 代表的な症候である「ヘルパンギーナ」や「手足口病」(てあしくちびょう)、「咽頭結膜熱」(いんとうけつまくねつ)(一般に「プール熱」と呼ばれます)

 などを発症

 

電話消毒薬(医薬品)は含有される硫酸オキシキノリンの殺菌作用でウイルス感染を防ぎます。


有限会社 保健衛生商会

≫ 続きを読む

プレスリリース   2017/07/07   保健衛生商会 PC